イギリスの英語: 紳士・淑女はどう話し、どう書いているのか

Front Cover
ごま書房, Feb 5, 1998 - 259 pages
世界の主流は「米語」ではなく「英語」。格調の高さで知られる「ロンドン・エコノミスト」誌の文章作法から、中世からの伝統を受け継ぐ名門パブリック・スクールの“スラング”まで。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information