震災後文学論: あたらしい日本文学のために

Front Cover
青土社, Nov 28, 2013 - Disasters - 241 pages
3・11以降、すべてが変わってしまった。その現実を咀嚼しようと言葉にしつづけてきたのは文学であった。「震災」以後の文学は、いったい何を表現し、何を表現できなかったのか。「震災後文学」を読みつづけ、海外に紹介しつづけてきた気鋭の日本文学者による決意の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information