折口信夫古典詩歌論集

Front Cover
藤井貞和
岩波書店, 2012 - Japanese poetry - 426 pages
「私にとっては寧ろ解釈することが創作する事の様にすら感じられる。」国文学者・民俗学者にして歌人・詩人、比類ない業績をのこした折口信夫(1887‐1953)。学問と創作との双方を、「うた」がつらぬく―「叙景詩の発生」「女房文学から隠者文学へ」など、文学史を構想し、一首を読みぬく「折口学」の精髄13篇を収録。注を付す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information