社会的共通資本としての水

Front Cover
花伝社, May 1, 2015 - 236 pages
水と人間の付き合い方の多面的考察。「恵みの水」をどう使うか―利水。「災いの水」をどう扱うか―治水。「いのちの水」をどう保つか―環境。宇沢弘文氏の提唱した概念・社会的共通資本に、いま最も注目の集まる“水”をあてはめ、河川行政のあるべき姿を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information