雪国

Front Cover
岩波書店, 2003 - 181 pages
頑なに無為徒食に生きて来た主人公島村は、半年ぶりに雪深い温泉町を訪ね、芸者になった駒子と再会し、「悲しいほど美しい声」の葉子と出会う。人の世の哀しさと美しさを描いて日本近代小説屈指の名作に数えられる、川端康成の代表作。

What people are saying - Write a review

Review: 雪国 (岩波文庫 緑81-3)

User Review  - wakaokamiyuki - Booklog

H27.6.26~ Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information