現代語訳吾妻鏡, Volume 9

Front Cover
五味文彦, 本郷和人, 西田友広
吉川弘文館, 2010 - Japan - 239 pages
承久の乱を乗り越えた幕府では、執権北条義時が没し、義時後家伊賀氏とその兄弟が企てた一条実雅・北条政村の将軍・執権擁立計画を封じ、北条泰時が執権に就任する。大江広元・北条政子ら、幕府草創以来の大物が相ついで没するなか、摂関家出身の藤原頼経が将軍に就任し、新御所の造営も行われ、幕府政治は新たな段階へと移行してゆく。貞応元年(1222)~寛喜二年(1230)。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information