お酒の経済学: 日本酒のグローバル化からサワーの躍進まで

Front Cover
中央公論新社, 2020 - Alcoholic beverage industry - 198 pages
日本のお酒をめぐる環境が激変している。日本酒からビール、焼酎と主役が交代しつつ消費は伸びてきたが、1990年代半ばにピークを迎えた。その後はデフレ下で「第3のビール」やサワーが躍進する一方、クラフトビールや純米大吟醸酒も人気を集める。さらに、日本酒やウイスキーは海外から高く評価され、輸出が急増している。日本のお酒が抱える課題と可能性とは。経済学と経営学の最新の研究成果から解き明かす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information