植民地期における日本語朝鮮説話集の研究: 帝国日本の「学知」と朝鮮民俗学

Front Cover
勉誠出版, Feb 28, 2014 - Folk literature, Japanese - 456 pages
新資料をもとに、植民地期における朝鮮説話研究の実像に迫る。植民地朝鮮における民俗学・説話学の展開を視座に日本語朝鮮説話集及び朝鮮民俗学史を考察。朝鮮民俗学が帝国日本の中で形作られていったことを解明する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information