貧乏お嬢さま、追憶の館へ

Front Cover
原書房, 2021 - 424 pages
親友のベリンダとコーンウォールを訪れることになったジョージー。ベリンダにとってそこは、子ども時代を過ごした楽しい思い出の場所。ところが幼馴染のローズと再会したことで旅は思わぬ方向へ。かつて冴えない料理人の娘だったローズは、いまや地元の名家の女主人だという。ふたりは強引な招待を受け、しぶしぶローズの屋敷に泊まったが、すぐに後悔することに。ローズには不釣り合いな夫、不気味な家政婦、そして数年前に起こった前妻の不審な転落死...。すぐにでも逃げ出したかったが、ローズが突然「自分は夫に殺されるかもしれない」とふたりに打ち明ける。しかし、それから間もなく、命を落としたのは夫のほうだった。現場でなぜか血の付いたナイフを握りしめていたベリンダが逮捕されてしまい...!?

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information