サイトカイン・増殖因子

Front Cover
宮園浩平, 菅村和夫
羊土社, Oct 30, 1998 - 190 pages
1995年に初版が発行されてからわずか3年の間に、医学・分子生物学の飛躍的な進歩により、サイトカインや増殖因子の生体内での作用がより明らかになり、また、治療薬として臨床の場で用いられるようになってきている。本書では、サイトカインや増殖因子、TGF‐βスーパーファミリーなど、細胞の増殖、分化を調節する因子を広く、かつ最近の知見を交えてわかりやすく解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information