うほほいシネクラブ: 街場の映画論

Front Cover
文藝春秋, 2011 - Motion pictures - 397 pages
「映画は、映画について語られることを欲望しているジャンルである」が持論の著者が、長年、書きためた映画評の中から自ら厳選。画期的な小津安二郎論10本を含む187本。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information