真実が揺らぐ時: ベルリンの壁崩壊から9.11まで

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2019 - 584 pages
1989年の革命、9.11の犠牲、イラク戦争、深まる中東の危機、そして、アメリカ共和国の没落―。時代の変化に抗い、飽くことなく真実を追究した知識人、トニー・ジャットの魂の軌跡。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information