パスカルパンセ: パスカル 「考える」ことが, すべてだ

Front Cover
NHK出版, Mar 25, 2013 - 155 pages
科学が進歩し、キリスト教的世界観が崩れ始めた十七世紀、「理性賛美」の声が高まった。そのような風潮のなかで、フランスの哲学者・数学者のパスカルは、自然科学とともに宗教と信仰の研究に打ち込む。「人間は一本の葦にすぎない。自然の中でも最も弱いものの一つである。しかし、それは考える葦なのだ」。人間の理性に基づく現代文明の脆さが露わになったいま、「考える」とは何かを探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information