動物部分論・動物運動論・動物進行論

Front Cover
京都大学学術出版会, 2005 - 480 pages
動物の生態系を冷静な科学者の眼で考察し、これに基づいた自然観を構築している本書は、個別科学であるにとどまらず、人間と動物との新しい共生を模索する現代にとって光明となることが期待されている。自然の目的論的解釈など哲学的性格の濃い『動物部分論』などを収録し、近年の研究成果を反映した新訳をここに提供する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information