要件事実の基礎: 裁判官による法的判断の構造

Front Cover
有斐閣, 2000 - Civil law - 310 pages
要件事実論の基本的問題点を理論的に深く掘り下げると同時に、その効用・具体的問題点・実践上の心構えなどを論じ、さらに民法学との関係まで幅広く検討した、わが国初の体系書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information