生と死の自然史: 進化を統べる酸素

Front Cover
東海大学出版会, 2006 - 560 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
なぜ、カンブリア紀に進化の大爆発が起こったのか、なぜ、この世には雄と雌がいるのか、なぜ、人は老いるのか。酸素の視点から、生命進化の道筋、性の存在理由、加齢・老化・病気の意味が解き明かされる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information