病気にならない食う寝る養生: 予約の取れない漢方家が教える

Front Cover
学研プラス, 2022 - 272 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
結局、「食べて寝る」のが最強の健康法!
予約の取れない人気漢方家・櫻井大典さんが、不調を改善して病気にならないための、食事と睡眠の新常識を教えます。
「水を1日2リットル」「朝食に野菜サラダとヨーグルト」「主食は玄米」「一年中、決まった時間に起きる」「ぐっすり昼寝する」......それ全部、“あなたには”合いません!

人の体は食べたものと睡眠でできています。
細胞は周期の短いものだと数日、長いものでも数年で入れ替わります。今のあなたの体をつくっているものは、数年経ったらほぼすべてが入れ替わり、まったくの別人に生まれ変わっていると言ってもいいのです。
細胞は摂取した食べ物からつくられ、体の回復はおもに睡眠中に行われます。
そう聞くと、食事と睡眠が重要だと感じませんか?
また、人の体をめぐる気(エネルギー)や血や水も、もちろん食べたものと睡眠でつくられます。
気・血・水のバランスが崩れると、体の不調だけでなく、心の不調も起こりやすくなります。
だから、食事と睡眠は、体調はもちろん、メンタルにも大きく影響するのです。

食事と睡眠をよくすれば、不調が消え、心も安定し、病気にならない体を手に入れることができます。
ただ、巷で流行っている「毎日○○を食べて健康になる」などの健康法すべてが、あなたに合うとは限りません。むしろ、合わないことのほうが多いくらいです。
本当の「体にいい食事」とは、「あなたの体質や今の体調、ライフスタイルに合った食事」です。
では何が、あなたに合った食事なのか?
本書を読めば、それがわかります。

年間数千件、延べ4万件以上の健康相談を受け、人それぞれの違う悩み(不調、症状)に寄り添ってきた著者だからわかるのです。

ここまで聞くと、「漢方家のすすめる食事や睡眠って、いろいろ我慢してストイックに頑張らないといけないのでは?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
それどころか、ゆるくて拍子抜けするくらいです。
でも、ゆるくて簡単だからこそ、挫折しないで続けられるし、結果、健康になれるのです。

果報は食べて寝て待て。
簡単で、ゆるく実践できる「体も心も劇的に変わる食事と睡眠」を、ぜひあなたも知ってください。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (2022)

櫻井大典(さくらい・だいすけ)/国際中医専門員。日本中医薬研究会会員。漢方コンサルタント。漢方薬局の三代目として生まれ育つ。カリフォルニア州立大学で心理学や代替医療を学び、帰国後はイスクラ中医薬研修塾で中医学を学ぶ。中国の首都医科大学付属北京中医医院や雲南省中医医院での研修を修了し、国際中医専門員A級資格を取得。以降、漢方コンサルタントとして活動し、年間数千件の健康相談を受け、これまで延べ4万件以上の悩みに応えてきた。相談者の話をじっくり聞き、悩み(不調・症状)の根本的な理由を探し、相談者の体質やライフスタイルに合った食事などの生活習慣(養生法)を指導している。Twitterで発信されるやさしいメッセージと、簡単で実践しやすい養生法も人気を集め、フォロワー数は16万人を超える(2022年6月現在)。

Bibliographic information