メルロ=ポンティの空間論

Front Cover
大阪大学出版会, 2013 - 258 pages
中期言語論や逆さめがねの実験を手がかりにメルロ=ポンティ思想に対する新解釈が示され、空間の諸問題に関する思想史的な解明が導き出される。空間経験に関するシステムと主体との現象学的関係を提示する、独創性豊かな新知見。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information