心の病の現在 3 うつ病/統合失調症: 人格障害/行為障害

Front Cover
小田晋, 作田明
新書館, 2006 - 234 pages
本書では、二大精神病といわれる「統合失調症」と「うつ病」に加え、近年問題となっている「人格障害行動障害」を取り上げた。本シリーズ中でもとりわけ重みのある巻である。小田晋による「統合失調症」と「人格障害行為障害」は、それぞれの病への入門として最適なだけではなく、歴史的・比較文化的な考察が豊かであり、なおかつ有益な治療実践の手引きともなった画期的論考である。「うつ病」は、「うつ病はカゼと同じ」などという風評に対し、一石を投じる意味で書かれたものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information