哲学の現在: 生きること考えること

Front Cover
岩波書店, 1977 - Philosophy - 216 pages
現代人は知識の巨大な集積に押しつぶされ、それを活用する知恵を失っているのではないだろうか。本書は、生きることとは何か、考えるとはどういうことかを、原点に立ち戻ってとらえ直す。平易な言葉で、現在の哲学が取り組んでいる諸問題を一つずつ吟味していき、知恵と知識の全体的な再統一をめざす試み。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information