これからの子ども社会学: 生物・技術・社会のネットワークとしての「子ども」

Front Cover
新曜社, 2017 - 304 pages
「子ども」は、自然で文化的、生物学的で社会的、物質的で言説的な「ハイブリッド」である―。自然科学と社会科学を縦横に行き来しつつ、「子ども」をめぐる近代主義的対立を乗り越える子ども研究の形を理論的に示した、これからの子ども社会学の新スタンダードの完訳。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information