日本の百年

Front Cover
橋川文三
筑摩書房, 2007 - 530 pages
開国以来、日本の歩んできた100年、そこに生きた人々、当時の雰囲気、世相風俗を浮き彫りにした、臨場感あふれる迫真のドキュメント。公式記録や史料、体験談、新聞、雑誌、回想録、流行歌にいたるまで多方面から取材し、時代の種々相を写し出した記録現代史全10巻。復刊を待望された名著の文庫化。第4巻は、内外に輝いた栄光の明治時代末期。20世紀を迎えた若き日本は、北方の大国ロシアと戦い、苦闘を重ねた末に勝利し、多くの英雄と伝説を生んだ。しかし、勝利はやがて悲哀にいろどられ、侵略の歴史へと塗り変えられてゆく。大逆事件の衝撃のなか、明治天皇は崩御し、時代は大正へと移る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information