笑いの本地、笑いの本願: 無知の知のコミュニケーション

Front Cover
以文社, 2004 - 244 pages
日常の会話で発せられる笑いへの注目のもと、従来の笑い論を超えて、豊饒なコミュニケーションのなかでの笑いの生起条件とその表示機能をあぶりだす。笑いへの認知科学、言語学、人類学、哲学的アプローチ。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information