教育老年学の構想: エイジングと生涯学習

Front Cover
学文社, 1999 - 257 pages
本書のなかでは2つのスタンスがとられている。第一は、欧米で示されたエイジングと学びの関連に関する理論や議論を整理・咀嚼したうえで、そこから出された示唆を著者なりに示そうというものである。第二は、これをうけて、そこから出された論点のいくつかを調査研究の俎上に乗せ、実証研究を行うというものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information