確率は迷う: 道標となった古典的な33の問題

Front Cover
共立出版, 2018 - 380 pages
約450年の確率論の歴史の中で、分野の発展に大きく寄与した問題や歴史的意義が大きい問題などを33問取り上げ詳しく解説した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information