ヘミングウェイ: 「愛」・「生」・「死」そこに求めた至上の精神

Front Cover
近代文芸社, 1999 - 482 pages
ヘミングウェイの作品の基底を成すニヒリズムにおける人間の生存と、そこから表出されるアイロニーから、彼の観念を追求し作品の文学的探究を試みる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information