京のたつみに住みなれて

Front Cover
素人社, 1998 - 201 pages
横浜で育ち、24歳から京都のたつみ―宇治の里で暮らしはじめた著者。生活習慣のちがいや、なにげない日常会話の誤解に戸惑いながらも、けっしてめげない「浜っこ」気質。からり、けろり、ときにはほろりと時を重ねて二十数年。気がつけば、京のたつみに住みなれて...。宇治市制定第六回紫式部市民文化賞選考委員特別賞受賞作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information