生体情報処理

Front Cover
昭晃堂, 2001 - 169 pages
本書は、人間での情報処理の特性とメカニズムについて、感覚(視聴触)から運動までを、一冊にまとめている。具体的には、情報処理を支えるハードウェアとしての脳の構造、神経細胞および神経回路網のモデル、視覚・聴覚・触覚のハードウェアとしての神経回路およびソフトウェアとしての知覚特性、視覚・聴覚・触覚の共通点と相違点、および筋骨格系の構造と運動制御のための神経回路について、生理学的、心理学的、工学的知見を簡潔にまとめている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information