共産主義の興亡

Front Cover
中央公論新社, Sep 10, 2012 - 797 pages
マルクス、エンゲルスの登場から、ロシア革命とソ連建国、東西冷戦を経て、東欧民主化とソ連崩壊、そして現代まで。その起伏に富んだ歴史を、オクスフォード大学で長く教鞭をとった共産主義研究の第一人者が描き尽くした渾身の大著。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information