韓国の労働者: 階級形成における文化と政治

Front Cover
御茶の水書房, Mar 15, 2004 - 289 pages
本書は、1960年代から始まる急速な産業化過程で、韓国の労働者がどのように階級としてのアイデンティティを確立してきたかを、ダイナミックに分析したものである。10年に及ぶ労働関係者とのインタビューと調査研究により、著者の労働階級形成の分析はより生き生きしたものとなっている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information