白銀(しろがね)の墟玄(くろ)の月: 第3巻, Volume 3

Front Cover
新潮社, 2019 - Japanese fiction - 376 pages
新王践祚―角なき麒麟の決断は。李斎は、荒民らが怪我人を匿った里に辿り着く。だが、髪は白く眼は紅い男の命は、既に絶えていた。驍宗の臣であることを誇りとして、自らを支えた矜持は潰えたのか。そして、李斎の許を離れた泰麒は、妖魔によって病んだ傀儡が徘徊する王宮で、王を追い遣った真意を阿選に迫る。もはや慈悲深き生き物とは言い難い「麒麟」の深謀遠慮とは、如何に。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information