電磁誘導・交流・電磁波

Front Cover
培風館, 2001 - 126 pages
電気から磁気を生じるならば、磁気からも電気を生じる(電磁誘導)のではないか、という疑問がうまれる。本書では、まずこの辺の問題を丁寧に解説し、応用として、超伝導列車の磁気浮上やリニアモーター等を紹介する。次に交流の基本事項を平易に述べる。続いて分布定数回路を扱い、立体回路の内部の電磁現象として、電磁波をごく自然に導入する。最後に、電磁波の基本事項と身近な電波の応用までふれている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information