入門表面分析: 固体表面を理解するための

Front Cover
内田老鶴圃, 2003 - 213 pages
表面分析法を理解するためには、基本となる電子、X線、イオン、探針と固体表面との相互作用を理解することが重要である。本書では、この相互作用を基礎から説明して、それが、どのようにしてそれぞれの表面分析法に応用されているのかをできるだけ平易に解説したものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information