記憶の海

Front Cover
集英社, Jun 30, 2013 - Interpersonal relations - 211 pages
いちばん逃げたくないと思っているのは、勝利自身のはずだ。誰よりも勝利こそが、今の自分を不甲斐なく思っているに違いないんだから...。勝利がオーストラリアに旅立ち、残された傷心のかれんを支える弟の丈。勝利の辛さもかれんの寂しさも、そばでずっと見てきた丈には、わかりすぎるほどわかる。そんなもどかしい日々の中、由里子の思いがけない提案によって、新しい光が差し込み始める。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information