サンゴとサンゴ礁のはなし: 南の海のふしぎな生態系

Front Cover
中央公論新社, Jun 25, 2008 - 273 pages
多くの生物がそこに住み、互いに助け合って生きるサンゴの森。エビ、ウニ、ナマコなど、さまざまな種類の生物が密接な協力関係のもとに暮らしている。しかし多様性と共生がキー・ワードであったサンゴ礁が、危機に瀕している。地球温暖化によって海水温が上昇し、共生を保てなくなったサンゴが死滅しつつあるのだ。本書は、生物たちの絶妙な関係を紹介し、海を守るサンゴ礁のこれからを考える「自然の教室」である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information