理科系の読書術: インプットからアウトプットまでの28のヒント

Front Cover
中央公論新社, 2018 - 203 pages
本を読むのが苦行です―著者の勤務する京都大学でも、難関の入試を突破したにもかかわらず、そう告白する学生が少なくない。本書は、高校までの授業になかった「本の読み方」を講義する。「最後まで読まなくていい」「難しいのは著者が悪い」「アウトプットを優先し不要な本は読まない」など、読書が苦手な人でも仕事や勉強を効率よく進めるヒントが満載。文系の人にもおすすめの、理科系の合理的な読書術を伝授する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information