アイザイア・バーリン

Front Cover
みすず書房, 2004 - 387 pages
リベラルな知性の体現者として敬愛されたバーリンの痛快な評伝。激動の20世紀史上にバーリンの足跡をつぶさにたどり、かの自由主義哲学が形成され、鍛え上げられた文脈を浮かび上がらせる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information