宗教とは何か: 現代思想から宗教へ

Front Cover
法蔵館, 1998 - Religion - 268 pages
理性と言語による現実把握の限界をどう超えるか。ニーチェの生の哲学から実存主義、現象学、フロイト、ウィトゲンシュタイン、構造主義、さらには京都学派の哲学までをクリティカルに総覧し、それらを超えて現代人のための宗教に至る道筋を鮮やかに指し示す。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information