日本の食糧が危ない

Front Cover
岩波書店, 2011 - Agriculture and state - 234 pages
日本経済の見通しが不透明な中で、中国を始めとする新興国の需要増等で穀物価格が高騰し、食糧不足が目前に迫っている。輸入大国日本はこのままでいいのか?農政の目玉政策といわれる「戸別所得補償制度」や自給率向上のための飼料用コメの開発について検証しながら、TPPへの対処など真の食糧安保のために必要な政策を提言する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information