入門家族社会学

Front Cover
永田夏来, 松木洋人
新泉社, 2017 - 236 pages
家族社会学の面白さに接近する本は、これまでもたくさん出版されてきました。しかし、この本には、従来にはない次のような特徴があります。まず、現代的なトピックと家族社会学の成果を架橋していること。数字にもとづく「量的データ」と言葉などにもとづく「質的データ」の両方を用いていること。そして、今日でも根強く残る家族主義を批判的に検討していることです。ひと味違う視点から家族について考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information