ルイ14世とリシュリュー: 絶対王政をつくった君主と宰相

Front Cover
山川出版社, 2016 - 87 pages
フランス絶対王政を確立へと導いたルイ13世の宰相リシュリュー。そのあとを受けて絶対王政の最盛期を現出させ、国内外にその権威を誇示したルイ14世。彼らは強力な国家権力の体現者として、つねに語られイメージされてきた。だが、彼らは実際にはどのようにしてその権力を掌握し、行使したのだろうか。そのことを、近年研究の進んでいる近世という時代に特有の人的結合関係や権力秩序のなかにおくことで、明らかにしていこう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information