ベーシックインカム: 分配する最小国家の可能性

Front Cover
青土社, 2010 - 348 pages
貧困・格差・医療福祉など現下の諸問題を解決し、きたるべき社会を構想するにあたって大きな注目を集める「ベーシックインカム(基本所得)」。それは、何を、どうやって分けるのか?近年の錯綜する議論を精査し、理念と政策を丹念に検証。社会の根底まで掘り下げて考えなおすことによって、ベーシックインカムをめぐる議論を新たな次元に導く、画期の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information