バリアフリー歩行空間ネットワーク形成の手引き: 交通バリアフリー法等に対応した事業計画策定編ネットワーク形成の計画策定/バリアフリーの整備事例

Front Cover
国土技術研究センター
国土技術研究センター, Jan 30, 2001 - People with disabilities - 234 pages
2015年に我が国は、国民の4人に1人が65歳以上の高齢者という先進国の中でも最も急速に高齢化が進展することが予想され、高齢者や障害者など誰もが安心して社会参加でき、快適に暮らせる生活環境の確保が重要な課題となっています。また、高齢者を含む利用者の声としても、歩行空間の整備に関するニーズが高く、連続性を確保したバリアフリーな歩行空間整備の必要性が増しています。快適な歩行空間を整備するためには、“歩行空間の計画手法”や“移動に制約を有する人を含むすべての人の利用を考慮した構造”、及び“交通バリアフリー法等に基づく事業計画の策定手順”の理解が重要となります。本手引きは、このうち主に事業計画の策定手順を対象範囲としており、道路事業に携わる担当者が、「歩行空間ネットワーク総合整備事業」や交通バリアフリー法に基づく重点整備地区において「道路特定事業」を実施するにあたって、バリアフリー歩行空間ネットワークの基本的な考え方や進め方を理解し、ネットワークの計画策定や事業実施、評価などに活用することを目的として作成しました。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information