病気の哲学のために

Front Cover
産業図書, 1998 - 176 pages
ダゴニェは現代フランスの代表的な科学認識論者。本書で彼は、対話編の形をとりながら、科学と人文学との結節点に位置する医学という特殊な知について自由に考察を進める。同時に、現代的な話題であるバイオエシックスや、社会保障の円滑で有効な推進をめぐる政治的提言などにも踏み込む、恰好の医学哲学入門書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information