ゲノムが世界を支配する

Front Cover
講談社, Feb 26, 2001 - 234 pages
21世紀の重要な産業基盤となることが確実なゲノム研究。その進展は医学に大きな恩恵をもたらす一方、医療経済、食糧経済に風穴を空け、やがて国家経済を左右する可能性さえある。将来の国の浮沈がかかっているのだ。日本で、世界で、ゲノム研究をめぐり何が起こっているのか?ゲノム研究の第一人者が大警告!国家間の覇権争いと化した科学技術競争の衝撃。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information