ケンジントン公園のピーター・パン

Front Cover
光文社, 2017 - 190 pages
かつて鳥だったころのことが忘れられず、母親と別れてケンジントン公園に住むことになった赤ん坊のピーター。葦笛で音楽を奏でたり、公園内の小さい家での一夜の出来事など、妖精たちや少女メイミーとの出会いと悲しい別れを描いたファンタジーの傑作。挿し絵アーサー・ラッカム。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information