ポスト・オリエンタリズム: テロの時代における知と権力

Front Cover
作品社, 2017 - 376 pages
サイードの思想や“ポストコロニアリズム”を超えて中東‐西洋の関係を問い直す新たなる古典。「サイード後、最も傑出した中東出身の知識人」とされる著者がさらに混迷を深めるイスラーム世界と欧米の関係を、新たな歴史的視座で分析した名著。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information