ハックルベリー・フィンのアメリカ: 「自由」はどこにあるか

Front Cover
中央公論新社, 2009 - 195 pages
ヘミングウェイが語ったように、アメリカ近代文学は、すべてマーク・トウェインに始まる。自然児から文明人になってしまうトム・ソーヤと、あくまで「自由」を求めるハックルベリー・フィン。これこそ「自然」と「文明」の間で揺れ続けるアメリカ社会の根源的かつ矛盾した欲求の原型である。本書はアメリカ文化のなかで姿を変えて生き続けるハック・フィンの系譜をたどり、アメリカ文化とは何かを探るものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information