自由はどこまで可能か: リバタリアニズム入門

Front Cover
講談社, 2001 - Libertarianism - 216 pages
裁判は民営化できる、国債は廃止、課税は最小限に、婚姻制度に法は不要―国家の存在意義を問い直し、真に自由な社会を構想する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information