ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ: ハイテク海洋動物学への招待

Front Cover
光文社, 2007 - Marine animals - 299 pages
ペンギン、アザラシ、ウミガメなどの水生動物は、海の中でどのように活動しているのだろうか?その生態は、直接観察できないため謎が多かった。だが、今や日本発のハイテク機器「データロガー」を動物に直接取り付けることによって、本来の生息環境下で、己の生存をかけてきびきびと動き回る動物たちの姿が解明されつつある。この分野では、教科書を書き換えるような新発見が相次いでおり、「バイオロギングサイエンス」という新しい学問が誕生した。いま、生物研究のフロンティアは水の中にある。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information